前へ
次へ

医薬分業と調剤薬局の利便性

かつての大学病院と言えば、診察に行くと一日がかりでした。診察や検査に時間がかかり、尚且つ薬が出るのにも時間がかかりました。それを変えてくれたのが、医薬分業システムだと言われています。大学病院の前に調剤薬局があることで、患者の待ち時間は大幅に短縮されています。掛かり付け薬局を持つ方も増えていますし、健康増進に繋がっているのではないでしょうか。調剤薬局には薬剤師が居ますが、病状を話すことで体調の改善を目指せます。些細な変化であっても、伝えることが一番ではないでしょうか。薬局のありがたさは、病気や怪我をして初めて分かります。家から近いと安心感がありますし、優しいスタッフの存在は心の拠り所となります。高齢者にとっては、日々の健康管理が重要になると言われています。体温や便通を含めてになりますが、常日頃の心がけが命を救うのではないでしょうか。医療機関との連携が大切です。信頼して委ねてみてはどうでしょうか。

Page Top