前へ
次へ

薬局が持っている役割の変化

薬局というのは一般的には市販されている医薬品を販売する店舗ですが、業務の多くは医療機関から処方された処方箋を調剤するという役目を担っています。この調剤薬局は市販されている医薬品よりも効能が高い第一類医薬品を扱っている場合がほとんどであり、病気などに対してより適した医薬品を使うことができるようになっています。第二類医薬品も一定の効果はありますが、効能が弱くなっているので即効性という部分で物足りなさを感じる場合もあるでしょう。ところが効能が高い医薬品の場合は使用方法や用量を間違うと悪影響を及ぼす可能性があり、その防止のために事前に薬に対する説明を薬局は行ってくれます。医薬品はドラッグストアやコンビニエンスストアでも購入できるようになっていますが、原則的には処方箋による医薬品でなければ本人が求める以外は詳細に関する説明は少なく、自己責任で使うことになってしまいます。それが医薬品しか販売していないところでは使い方について説明をすることが多くなっています。

Page Top